【旅行ブログ】Spain(スペイン)旅行 〜グエル邸〜

※当サイトではアフリエイト広告を利用しています。

Juli

バルセロナは盛り沢山な都市だから、1つずつ紹介していくね!

lala

ほんとガウディだけでも見所いっぱいだよね

〜スペインの旅〜

マドリード
-スペイン広場
-プラド美術館
-サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

ラ・マンチャ地方
-カルデリコの丘の風車
-ドン・キホーテの村

コルドバ
-ローマ橋
メスキータ
-ユダヤ人街

ミハス
-ミハスの街並み
-Pizzeria Oscar
-ラ・ペーニャ聖母礼拝堂

グラナダ
-フラメンコ鑑賞
-グラナダ夜の旧市街
-サンニコラス展望台
アルハンブラ宮殿
-ヘネラリーフェ庭園

ボデガ・イニエスタ

バルセロナ
-ガウディ建築
グエル邸
グエル公園
カサミラ
カサバトリョ

ガウディ建築「グエル邸」ってどんなとこ?!

バルセロナの旧市街にあり、ランブラス通りからすぐ近くにグエル邸はあります。

奇抜で派手な印象のガウディ建築とは一線を画す、重厚な外観で、ガウディのパトロンであったグエル氏の6階建ての豪華な邸宅。

ガウディが30代の頃、1886年から1890年の約4年の歳月をかけて、この邸宅を完成させました。

Juli

ガウディ初期の作品だね!
派手さはないけど、見どころが沢山ある素晴らしい建築物だったよ

グエル邸の外観

ガウディ建築の住居といえば、カサ・ミラやカサ・バトリョのような、外観から奇抜でユニークなデザインを思い浮かべますが、このグエル邸は、重厚感があり、一般的な西欧の建物という感じです。

上部の煙突の形は、ガウディらしさが出てます(笑)

グエル邸のファザード(建築物正面部のデザイン)は、とても重厚感があり、鍛鉄製の巨大な2つの格子扉は威厳を感じます。

2つの扉の上部には、エウセビ・グエル氏のイニシャル ”E”と”G”が形造られています。

そして中央には、堂々と立派な不死鳥、その下に兜、カタルーニャの旗で構成された見事なオブジェがあります。

地下厩舎

この通路は、馬が下の厩舎へ向か通路だったようです。面影を感じますね。

重厚なレンガの柱が印象的です。
まるで洞窟の中にいるようです。

玄関ホール

ガウディらしさはあまり感じられない、重厚感のある”お金持ち”の家の玄関という感じでした。

玄関の正面には、立派な赤い絨毯が敷かれた階段があり、奥には、カタルーニャ州旗をもとにデザインのされたステンドグラスが見えます。

メインフロアー

待合のサロン

階段でメインホールに上がると、最初にあるスペースが、待合のサロン。

凝った作りの窓は、さすがガウディですね!

ここのステンドグラスの真ん中に描かれているのは、シェークスピアのようです。

中央サロン 〜天井ドーム〜

グエル邸一番の見所は、2階から4階まで突き抜けるこの天井ドームです!

まるで小宇宙を思わせるような神秘的なドームです。

食堂

ここは、お金持ちのダイニングルームといった感じですね!

廊下

窓の格子模様もガウディらしくて可愛い

2階

子供部屋

子供部屋に置いてある家具が可愛いかった

屋上

これぞガウディ!
屋上にはガウディらしさ満載の煙突が沢山ありました。

中はあくまでもグエル伯爵の邸宅に相応しい重厚、且つ荘厳な造りで統一されていますが、屋上だけはガウディの遊び心溢れる世界が広がっていました。

lala

グエル邸は、まさにガウディ初期の傑作だね!

Juli

ほんと素晴らしいよね!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次