【旅行ブログ】Spain(スペイン)旅行 〜カサ・ミラ〜

※当サイトではアフリエイト広告を利用しています。

Juli

お次のガウディの世界遺産は、現在も人が住んでいるという豪華なアパートメントのカサ・ミラだよ!

lala

世界遺産に住んでるなんて、凄すぎ!

〜スペインの旅〜

マドリード
-スペイン広場
-プラド美術館
-サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

ラ・マンチャ地方
-カルデリコの丘の風車
-ドン・キホーテの村

コルドバ
-ローマ橋
メスキータ
-ユダヤ人街

ミハス
-ミハスの街並み
-Pizzeria Oscar
-ラ・ペーニャ聖母礼拝堂

グラナダ
-フラメンコ鑑賞
-グラナダ夜の旧市街
-サンニコラス展望台
アルハンブラ宮殿
-ヘネラリーフェ庭園

ボデガ・イニエスタ

バルセロナ
-ガウディ建築
グエル邸
グエル公園
カサミラ
カサバトリョ

目次

スペイン旅行 〜バルセロナ〜 ガウディ建築③「カサ・ミラ」

ガウディ建築「カサ・ミラ」ってどんなとこ?!

グラシア通りにあり、現在も賃貸マンションとして人が住んでいる(4世帯)集合住宅として、ガウディによって建設されたのがカサ・ミラ。

実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として1906年から1910年にかけて建てられました。

カサ・ミラは直線部分をまったく持たない建造物です。

それはあたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっており、一般的な現代建築の様式とは隔絶し、目抜き通りに建つ「石切り場」と当時は呼ばれていました。

Juli

世界遺産に住むなんて凄すぎ!とても不思議な空間で、
ガウディらしさが随所に散りばめられてました。

カサ・ミラの外観

カサ・ミラは、通称「ラ・ペドレラ」と呼ばれ、カタルーニャ語で「採石場」という意味で、当時、バルセロナ市民はカサ・ミラを醜悪な建物と考えていたようです。

また、カサ・ミラは、直線部分をまったく持たない建造物で、海の波のような動きは建物に躍動感を与えており、モンセラットの山からインスピレーションを得たと言われています。

エントランス

個人的に一番、カサ・ミラで好きな場所!

淡いパステルカラーで彩られたカラフルな壁に、まるで海洋物のような魅惑的な門が印象的です。

吹き抜けのパティオ

カサ・ミラの中に入ると、こんなに開放的な吹き抜けのパティオがあることに驚きました!

自然採光をふんだんに取り入れた住居のつくりは、とてもガウディらしいですね。

奇想天外な屋上

カサ・ミラの一番の見どころと言っても、過言ではないくらい、この屋上の奇想天外なオブジェ達には圧倒されました!

日本の古墳時代の埴輪?のようで、屋上の至る所にいます。

ガウディらしい、とてもユニークな空間です!

ガウディ作品の展示室

最上階は、展示室になっていて、カサミラの模型もありました。

細いチエーンを使った逆さ吊り模型。
まさにサグラダ・ファミリアです!

ガウディがデザインしたという椅子の数々。
椅子もただの椅子ではない(笑)。

居住エリア

居住エリアは、ガウディにしては、割と平凡な感じはしましたが、細部を見ると、ガウディらしいデザインが散りばめられていました。

天井も平坦ではなく、模様が描かれているのが素敵です!

窓の形も曲線で柔らかな感じを出していて、とってもお洒落です!

扉も素敵だなと思いました。
とてもガウディらしい!

Juli

さすがガウディ!
普通のアパートメントではないよね。

lala

ほんと!
細部に至る所にガウディらしさが垣間見れるね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次